>> 電子ピアノはこちら


PSEマークとは?

PSEマークとは、2001年4月1日執行の「電気用品安全法(PSE法)」により定められた、電気用品に付けられる安全証明のマーク(シール)のことです。

「電気用品安全法(PSE法)」とは、2001年4月1日に「電気用品取締法」から 変更され施行された法律です。

2006年3月31日で5年の猶予期間も終わって、2006年4月から本施行されています。

PSE法は電気の安全管理を目的としており、漏電・火災・感電などの事故防止、粗悪品を排除し、しっかりとした電源部品で運用管理する目的で作られた法律なんです。

電気製品に安全確認マーク「PSEマーク」を付けて製造、販売 が義務付けられ、2006年4月以降からはPSEマークの表示がない製品の販売は通常通り出来なくなりました。

このため、中古の電子ピアノを購入したいと思っても法の執行前に発売された機種ではPSEマークは当然付いていません。

大型電気ショップや楽器店などの店頭で購入することは不可能に近いです。

しかし、PSEマークが無い機種の質が悪いかと言うとそうではなく、YAMAHAやKAWAI、rolandといったブランドでは音も良く、鍵盤もそれなりに弾きやすい機種もあります。

PSEマーク無しは規制で一般市場に流通できなく、メーカーでは廃棄処分の依頼も相次いでいるそうです。

そんな電子ピアノでも、オークションを通して売ってくれる人も多いので、利用してみるのも良いかもしれません。