>> 電子ピアノはこちら


電子 ピアノ 選び方カテゴリの記事一覧

グラビノーバ電子ピアノ 機種

ヤマハの電子ピアノといえば、やはりグラビノーバシリーズが有名でしょうか。初代機のグラビノーバが誕生してからもう20年くらい経っています。

そして、今現在でも新たなモデルが誕生し、より本物の音や弾き具合の追求がなされています。

ピアノ教室によっては、ヤマハ電子ピアノが使われているところもあるくらいピアノ教師からも信頼されているピアノといっても良いでしょう。

初代グラビノーバYP-30は1983年4月に登場し、ヤマハのテクノロジーによって、本物顔負けの音やタッチ、臨場感ある音質などで人気を得ていました。

その後は、次々とモデルチェンジをしていき、音源や音色、タッチ感、音質など、よりアコースティックピアノに近づいていき今のモデルとなっているようです。

ヤマハのHP上でも電子ピアノの購入が可能です。以下はヤマハのサイトから購入できるグラビノーバシリーズです。


CLP-230
CLP-230
CLP-240
CLP-240
CLP-270
CLP-270
CLP-280
CLP-280
CVP-303
CVP-303
CVP-305
CVP-305
CVP-307
CVP-307
CVP-309
CVP-309PM/CVP-309PE
CLP-F01
CLP-F01


ヤマハ電子ピアノのグラビノーバは種類も豊富ですがそれぞれに特徴もあり、出来ればヤマハ楽器などの店頭で触ってみるのが良いでしょう。

カシオ電子ピアノもいいですが、微妙にタッチ感や音質も違うので、自分好みのモデルを探してみることをお勧めします。

電子ピアノとは?

電子ピアノ(エレクトリックピアノ)は、グランドピアノなどのアコースティックピアノと音的に似ていますが、音の鳴る仕組みが根本的に違います。

電子ピアノは鍵盤と打弦の仕掛けがあり、鍵盤によって叩かれた音の振動を電気的に検出し、その出力音声の信号を内臓のスピーカーを通して再生する構造です。

鍵盤を弾く行為はアコースティックピアノと何ら変わらないですが、電子ピアノには弦が無いというのが大きな違いでしょうか。

音色にこだわってしまうと当然、アコースティックピアノの方が自然な音となります。

ですが、電子ピアノの製造技術も向上しており、鍵盤を弾く感触や音色までもがグランドピアノと大きな差が無くなってきているようです。

しかし電子ピアノでは、速いテンポの曲を演奏したときに音が誤差的に遅れて鳴るような感じがあります。

アコースティックピアノを愛用している人にとっては、不満が出る場合もあるようです。

それでも電子ピアノには、ヘッドホンを付けて弾けたり狭い場所に設置できたりします。

アパートやマンションなど比較的狭い空間でも楽しむことが出来る点で優れていると言えます。

性能がいい

電子ピアノはピアノに比較しても性能がいいですね!

音質が良いことはもちろん、鍵盤の具合もグランドピアノやアップライトピアノに劣らなくなってきていたり、デザインも木製のがあったり電子と感じないです。

そして何と言っても、音対策になる点が優れており、近所迷惑を気にしないで練習したりレッスンをすることができます。

電子ピアノのメーカーと言えば、ヤマハ、カシオ、カワイ、ローランドと言ったところでしょうか。また、コルグも人気があり、シンセサイザーやキーボードでも有名なメーカーです。

ヤマハ、ローランドはMIDI音源モジュールでも昔から有名で愛用者も多いですね。

MIDI音源モジュールは、つなげると様々な音色で曲を弾くことができて楽しさも広がっていきます。

電子ピアノは、楽器店や、ヨドバシカメラなどの大型電気店の楽器コーナーなどで販売されており、試し弾きもさせてもらえます。

このため多機種との比較も容易にしやすく迷いづらいです。

中古の電子ピアノも世に沢山出回っています。YAMAHAの中古グラビノーバシリーズは、値段がやや高めですが人気もあります。

また、激安で売っているお店も中にはあるようです。

PSEマークがないピアノは価値も下がっており、激安品も中にはあるそうなので安く欲しい人には良いかもしれませんね。